ランディングページ(LP)とは?

「ランディングページって集客を勉強をしていると時々聞くけど、どういう意味?」

「申し込みフォームとは違うの?」

「ランディングページの特徴は?」

 こんな疑問をお持ちではありませんか?

商品サービスを申し込んでもらうにはランディングページを用意しよう!

と、つねづね思っている青木です。

最近は、SNSやLINE公式アカウントからのダイレクトメッセージ(DM)や、
Googleフォームなどの申し込みフォームだけでの申し込みが
手軽だから良いという方をみかけます。

DMやフォームだけだと申し込みが0なのかというと、そうではないのですが
それでもランディングページを用意して欲しいと思います。


では、そもそもランディングページとは何かについて初心者にもわかりやすく解説します。 

目次

ランディングページの2つの意味

ランディングページは、ホームページ(HP)ともブログとも違います。

ランディングページ(Landing Page)は、2つの意味があります。
・訪問者がホームページに着地する
・申込みなど意図する場所に着地する

どちらも着地(land)することから、Landing Pageという名前がつきました。
略してLPとも呼ばれます。

「WEBページの中で最初にアクセスされたページ」という意味でのランディングページは、
ホームページ制作時や、Googleアナリティクスでの単語として出てくることが多いです。

この場合は、「ランディングページ」と呼ばれるページがその時によって異なります。

例えば、トップページに最初にアクセスされた場合はトップページがランディングページ、
検索エンジンなどをとおして「会社案内」ページにダイレクトにアクセスが生じた場合は「会社案内」ページがランディングページになります。

「訪問者のアクションを誘導するための縦長の1枚ページ」という意味でのランディングページは、
商品の申込みページ、無料体験会のページなど直接、注文などのアクションに結びつけることに特化したページなので、集客やマーケティングでよく出てくる単語です。

ここからは、訪問者のアクションを誘導することに特化した縦長のページについて解説していきます。

「ランディングページ」と
「申込みページ」「お問合せ」「フォーム」は違う?

縦長の1ページで構成されたランディングページでは、1ページで1つのゴールに導くため
商品が複数あれば、それぞれの商品分用意するほうが望ましいです。

「お問合せ」というページ名で、
「A商品について」「B商品について」「問い合わせる」「申し込む」といった選択肢があり
全てを兼ねたフォーム(入力する部分)を見かけることもありますが、
この場合は1つのゴールに導くためのページとは言い難いです。

また、お問合せは営業や苦情なども記載OKなものですが、ランディングページはページの目的に沿った内容のみ入力できるようになっています。

「ランディングページ」だと専門用語だと感じる方を対象としている場合は
「お申込みページ」といったりもします。

私もマンツーマンのサポートや動画での解説の際は「お申し込みページ」という場合があります。

ただ、「お申し込みページ」は「ランディングページ」と同義語で使うことが多いですが、「お申し込みフォーム」は別の場合があります。
「フォーム」は、名前やメールアドレスを入力する部分だけのことを指す場合が多く、その上の商品説明やお客様の声などはフォームに含まないことがあります。

(まとめ)ランディングページ(LP)の特徴

  • 縦長のレイアウト
  • デザインのインパクトが大きい
  • 他のページへのリンクが少ないので、離脱されにくい
  • 1つの商品やサービスに集中して紹介できる

という特徴があります。
どのような場合に活用されるかというと、

  • 商品やサービスの注文(申し込み)
  • イベントの予約
  • 無料会員、メルマガ登録、無料体験会の申し込み
  • プレゼントのダウンロードページ

があります。

ランディングページを活用することで

  • 売上につながる
  • 見込み客を獲得する
  • 人材募集

さまざまな用途で使うことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次