文字の縁取り・袋文字の配色

Facebookやインスタで文字を書くなど
SNSで集客をするようになると
自分で文字の加工をする機会が
増えてきます。

 
パソコンが苦手な個人起業家をサポート
ウェブ集客ナビゲーター
青木尚美です。

 

文字の色は単色や黒だけでも
良いのですが
写真に合わせるときは
縁取りをするとインパクトがあります。

その時に参考になるのが
Youtubeのサムネイル画像です。

業種によって
どのような写真を使うかは
変わってきますが

デザイン性よりも
「目を止めて読んでもらうこと」
を重視する場合

きれいな広告に見慣れた
現代の私たちにとって

キレイさや余白の多さよりも
素人くささ」や
色のインパクト
が大事だったりします。

こちらは、
文字を縁取る色の数を増やしてみる例です。
スクリーンショット 2020-07-20 20.54.38.png

この例では、
黒を使った四重に反応した方が
多かったです。

三重以上にする時には、
文字の枠線の太さを変えて
重ねて文字を作っていくので
難しくなります。

一方、二重は簡単に作成できます。

PowerPointで
文字の色と文字の枠線の色を
変えるだけです。

二重だけでも
色の組み合わせで
目立つ組み合わせをすることができますよ。

スクリーンショット 2020-07-20 20.55.35.png

 

シンプルな白黒に
影をつけるだけでも
印象が変わってきます。
スクリーンショット 2020-07-20 20.56.25.png

 

 

Macで枠線(アウトライン)が
きれいな文字を作るときは
KeyNoteよりも
PhotoScapeXという
アプリを入れて作ることをオススメします。

 

 

参考になれば嬉しいです