Gmailでメールの最後に定型文を入れる

今日はメールの最後に定型文を設定する方法をお伝えします。

このメール最後の定型文を「署名」と言います。

例えば、

自分の肩書きや名前、連絡先を記載することができます。

それでは、設定手順をご紹介します。

Gmailを開きます。

右上にある歯車のアイコン「設定」をクリックします。

スクリーンショット 2020-03-28 15.02.44.png

出てくるメニューの中から、「設定」をクリックします。

スクリーンショット 2020-03-28 15.03.11.png

設定画面の「全般」タブを下のほうにスクロールすると

「署名」という欄が出てきます。

スクリーンショット 2020-03-28 15.04.43.png

「署名なし」の下にあるラジオボタンをクリックして

テキストボックスに署名を入力します。

スクリーンショット 2020-03-28 21.51.50.png

 

このまま保存を押すと、メールを作成した時に「–」が入るので

スクリーンショット 2020-03-28 15.21.10.png

削除したいときは、

返信で元のメッセージの前にこの署名を挿入し、その前の「–」行を削除する。」の

チェックボックスをクリックします。

スクリーンショット 2020-03-28 21.54.47.png

署名の設定ができたら、

そのままページの一番下までスクロールして

「変更を保存」をクリックします。

スクリーンショット 2020-03-28 15.08.13.png

ここまでの設定を行うと、

Gmailの「作成」を押した時に

自動で署名が表示されます。

スクリーンショット 2020-03-28 21.56.06.png