メールに添付は時代遅れ!?

ビジネスでファイルを共有するシーンはよく出てきます。

 

ですが、その共有の方法にメール添付を使っているなら、

相手から指定された場合以外、添付はやめた方がいいですよ。

なぜメールにファイルを添付しない方がいいか

理由は3つあります。

 

1 送受信に時間がかかる

2 自分も相手もメールBOXの容量がすぐにいっぱいになってしまう

3 送受信できる添付サイズが小さい場合がある

特に1と2の理由は、

相手に嫌がられる場合がありますので

注意してください。

3は特にGmailで当てはまります。

Gmailで添付できるのは25MBまでなので

写真数枚、ファイル1つで制限にかかる場合があります。

いくつかに分けて送る方法もありますが、

1、2の理由で相手に嫌がられてしまいます。

なのでオススメは

「Googleドライブ上にアップロードしてリンクを送る」ことです。

Googleドライブとは、

Googleアカウントを持っている人なら誰でも使える、

インターネット上にファイルを置いておける場所です。

アップロードとは、

インターネット上にファイルを置くことを言います。

 

 

Gmailに添付できるファイルは25MBですが、

Googleドライブには15GBまでファイルを保存することができます。

 

 

単位がピンとこないかもしれませんが、

15GBは、25MGの600倍です。

 

25MBのファイルを600個保存しておけるのがGoogleドライブです。

 

こう比較するとスゴイですね。

 

Googleドライブぜひ活用してください。