ZOOM 待機室を使って快適に

「待機室をオンにする」

についてご紹介します。

「待機室」という機能は、
ホストの画面にしか出てきません。

アップデートして最新版にすると
ミーティングを開始した時に
下に「セキュリティ」メニューが出ます。

その中にある
「待機室を有効化」というのが
最新版では最初からONになっています。

スクリーンショット 2020-04-21 21.01.40.png

参加者がミーティングに参加しようとすると

参加者には

「ミーティングのホストは間もなく
ミーティングへの参加を許可します。
しばらくお待ちください」

とメッセージが表示されます。

ホストは、「待機室」から
参加者を「許可」していきます。

スクリーンショット 2020-04-21 21.10.00.png

参加者が10人以上いる場合、
これがとても手間です。

その場合は、
待機室をOFFに切り替えることができます。
「待機室を有効化」の
チェックを外してくださいね
スクリーンショット 2020-04-21 21.01.40.png

待機室をONのまま運営する場合
有料版の方は、
共同ホストをどなたか指名して
自分は進行に専念し、
指名した方が許可していく
方法もあります。

許可しやすいように
参加者には「名前のところは申込者名で」
とアナウンスすると良いでしょう。

「PC」とか「iPhone」だと
どなたかわからず許可しにくいです。

万が一、招かざる客(荒らし)が入ってしまった場合
画面共有や、チャットの許可をいったんOFFにして
対象者のマイクもOFFにしてから

スクリーンショット 2020-04-21 21.02.23.png

強制的に待機室に行かせることもできます。

ZOOM画面の下から「参加者」を押し、
参加者一覧から該当する参加者を見つけて
「待機室に送る」にするだけです。

スクリーンショット 2020-04-21 21.11.21.png

待機室からも追い出したいときは、
待機室のメニューで「削除」を選択します。

スクリーンショット 2020-04-21 21.27.11.png

実際、荒らしは目にしたことがないのですが、
対処法を頭に入れておくことで
万が一起こった時に
冷静に対応できるかと思います。

参考になれば嬉しいです。