子ども会役員と起業家の共通点と大きな違い

こんにちは。
パソコンが苦手な個人起業家をサポート
集まる集客®ウェブナビゲーター
青木尚美です。

昨日は、
朝の5時から10時まで
ZOOMで特別なプログラムを受けていました。
152076893_3829383990501814_4766926013999158581_n.jpg

私たちは、起業家にとって
記録」がとても大事だと
ずっと言われてきています。

記録って、面倒臭いんですよ。

わざわざ 時間をとって
わざわざ 自分と向き合って
わざわざ 数値と感情を紐解いていく

ただ、これがあるから
再現性」が生まれるんです。

 

これを聞いて
「子供会の役員と一緒だ!」と
つながっちゃいました(笑)

私の地域の子ども会役員は2年任期です。

親は役員にならない限り
子ども会で何やっているかよくわかっていませんから

1年目は言われるがまま1年の流れをなんとなく把握し
2年目は記録を元に運営していきます

そこで重要なのが
記録された内容

いつから、どんな準備したか
町会の誰に挨拶して、
予算と実際の金額はいくらで
どんなゲームをして
子どもたちにはどんなプレゼントをして
反省点と次に活かすポイントが
まとめられています

この記録があるから
2年という短い任期でも
働くママばかりでも
毎年同じようなイベントを
繰り返し再現できているんです。

ただし

ママさんと起業家の大きな違いもありました。

子ども会は
「毎年同じようなイベントを再現する」
のですが

起業家は
「記録を元に、2倍以上にできる」

収入の面も、
時間の自由も、
2倍、5倍、10倍とできるのが
起業家の「記録」

本当に?

私が師匠の田尻佐和子さんの記録を元に
今こうして仕事をしていること
月商7桁達成したこと
月商7桁を再現していること

これも一つの記録の証明です。

パソコンが苦手な方が
つまづきやすいポイントが
記録されて
それをどう解消していくかも
記録です。

そしてこれから、
2021年、2022年以降も
集まる集客の方々と
私自身や、私がサポートする方々と
一緒に記録を作り
再現していくことが

次の証明につながっていきます。

とても楽しみです!